病気が治癒するレクチンフリー食事療法

慢性疲労、精神疾患、自己免疫疾患、発達障害、ガン、腫瘍、副鼻腔炎、花粉症など様々な病気、難病、肥満が治癒するレクチンフリー食事療法を紹介。

人生のゴールは何ですか?~死に方を考える。~

人生のゴールはなんですか?

人それぞれ人生のゴールは違うと思います。
人生ですばらしい経験をして成功したら、人生の半ばまでは幸せでしょう。
しかし、人生の最期を壮絶な闘病で苦しんで死んだとしたら、それは幸せでしょうか。

健康で、穏やかに余生を送りたい。

誰もが、そう思うのではないでしょうか。

私は、今51歳ですが、自分はどんな死に方をするんだろう?とよく若いころから考えていました。
何故なら、とても身体が弱く、病気のデパートでいつも不調を抱えていたので、長くは生きられないと思ったからです。
肺炎、がん、多臓器不全、インフルエンザが原因で・・・そんな感じで死ぬんだろうなってずっと思ってました。

しかし、発達障害の一人息子を持っている今は、そんな悠長なことを考えなくなりました。
子どものために、自分が健康で一日も長く生きたいと考えるようになったからです。
それが私の人生の目標になりました。

私が、食事療法をはじめて、治癒院を開くに至ったのは、我が子がきっかけです。
しかし、きっかけは息子で食事療法を始めたのですが、自分の身体の不調がどんどん治るのを目の当たりにし、更に息子の発達障害も改善するのを目の当たりにし、本当に驚きました。
今まで、サプリをのんだり、民間療法をやってみたり、運動をしてみたりと色々体調がよくなるためにやってみましたが、どれも大して続かず、決定的に体調が改善されたものはなかったからです。
しかし、レクチンフリー食事療法で、目からうろこが落ちました。
はっきりと分かったのです。

私の体調不良の原因は、レクチンだったんだ!!!

サプリや民間療法、病院での治療は、対処療法といって、できてしまった病気に対して、アプローチしていきます。
だから、症状が多少は緩和しても、完治はしません。
何故なら原因は取り除かれていないからです。

しかし、レクチンフリー食事療法は、全く違います。

 レクチンフリーで、病気の原因そのものを取り除くことができる。

信じられないかもしれませんが、やってみればわかります。
私が保証いたします。
原因を取り除けば、絶対病気が良くなるんです。
レクチンは、後天的なほとんどの病気に関わっています。
だから、ほとんどすべての病気に効果があるんです。
信じられないかもしれませんが、私は抱えていた病気全てが治癒しました。
詳しくは私の治癒院のHPをご覧いただければわかります。

もし、あなたが病気で苦しんで壮絶な闘病で死にたいのなら、レクチンフリー食事療法はお勧めしません。
病気でたくさん薬をのんで、手術して、病気を自慢して、そんな可哀そうな自分が好きな人もいるので、そういう方に私は興味ないです。

でも、健康で長生きしてピンピンしたまま、寿命を全うして死にたいなら、ご検討ください。

あたま&からだ治癒院 Jasmineのホームページをご覧ください。
初回相談無料です。
Zoomやお電話でも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

www.healing-jasmine.com

 

f:id:healing-jasmine:20201204105728j:plain

 

血液を浄化する〈透析を回避できるレクチンフリー〉

白血球は身体に異物が入ると、それらを探し出すために、粘性を高めます。
血液がドロドロになっているのは、身体に侵入した異物を探し出し、やっつけるためであって、自分自身を守ろうとしているからです。
だから、一概に血液ドロドロが悪いわけではありません。
自分を守るために白血球が頑張っているんだと思って、あなたの白血球に感謝しましょう。

それでは、そんな頑張っている白血球を救う手立てはあるでしょうか。
あります。それは、身体に入る異物をなくすということです。
異物がなくなれば、異物を発見しようと躍起になってドロドロせずに、スイスイと血管を流れるはずです。
スイスイ流れる血液がいいというのは、体内に異物やウィルスの少ない状態ということになります。
異物やウィルスがすくなければ、当然健康ということになりますよね。

さて、異物とはなんでしょう。
異物とは本来身体の中にあるはずのないもの、入ってはいけないものです。
ウィルス、細菌などもそうでしょう。
しかし、見落とされがちで、最も身体に入りやすいのは、人工的、又は天然のレクチンが最多といえるでしょう。
何故なら、レクチンはあなたが自ら進んで食べ、自ら体内にわざわざ取り入れているからです。

通常なら、レクチンは異物なので腸内で吸収されることなく、体外に排出されるものです。
通常、レクチンは分子が大きく腸壁を通過できません。
しかし、最凶のレクチン小麦胚芽凝集素などは、とても分子が小さく、やすやすと腸壁を通り抜け、腸に穴をあけ(リーキーガット)ほかのレクチンまでも体内に導き入れてしまいます。
レクチンが体内に侵入したら、これ一大事と白血球がレクチンを探して血眼になります。
ドロドロになり、粘性を増して、レクチンを捕まえようと必死になるのです。

レクチンは身体の中に侵入した悪党です。
身体の各場所で炎症を起こします。免疫細胞に自分の身体を攻撃するように仕向けるのです。
体内で炎症が起こると、さらに白血球が大量に出動して炎症を抑えようとします。
悪循環で、どんどん血液がドロドロになっていくのです。

レクチンフリ―ライフを送ると、身体を攻撃するような異物が体内に入らないので、白血球は働く必要もなく、余裕でサラサラ流れることができます。
わざわざ血液検査なんかしなくても(してもいいですが)、身体が肌がフワフワになるのですぐわかります。
私も、レクチンフリーを始める前は、身体があちこちうっ血し、カッチカチでした。
私の身体、鉄でできてるんじゃないか?と思ってました。
粘性が高くドロドロした血液が身体のあちこちに滞留していたのです。
身体のむくみの原因なども、血液が適切に流れないから起こります。

体中、血液中、そんな異物で満たされていたら、腎臓だって血液をろ過しきれません。
もし、このブログを読んでいて、透析をしている方がいましたら、レクチンフリーをぜひ試してください。
透析予備軍の方もレクチンフリーを試してみてください。
レクチンフリーとは、身体に悪いレクチンを摂取しないようにし、身体が必要な栄養をきちんと摂取するという食事療法です。
注意点や、やり方など、知識と労力が必要ですが、透析をすることに比べれば、大した苦労ではないでしょう。
食事療法とは、薬やサプリメントなどを摂取するのではなく、不必要で有毒な食べ物を除去していくことです。

確実にあなたの血液を浄化し、あなたの身体を救います。
あたま&からだ治癒院 Jasmineのホームページをご覧ください。
初回無料相談受付中。Zoomでもご対応いたします。

 

www.healing-jasmine.com

f:id:healing-jasmine:20201203092543j:plain

 

子宮、卵巣、生殖器の病気はレクチンフリーで治る

若いころからひどい生理痛で苦しみました。

運よく子どもを授かったものの、妊娠後、卵巣嚢腫が見つかり、子どもをお腹に宿したまま手術をしました。
あの時の悔しさ、苦しさ、痛み、憤り、悲しみは生涯忘れることがないでしょう。

こどもは、生まれてから発達障害と診断されました。
今でも、手術が原因ではないかと、悔しさと後悔を持ち続けて生きています。

私は3年前から食事療法を始めていますが、15年早くレクチンフリーを知れば、人生は全く違ったものになっていたと思っています。
悲しいことだと感じていますが、病気で苦しむ皆様に同じ思いや後悔の念を感じて欲しくないので、治癒院を開設いたしました。

レクチンフリー食事療法は最新の治療法です。

レクチンフリーに関する本が日本で出版されたのが、2018年です。
ほとんどの医者も、レクチンフリーについての知識はないと思います。

レクチンフリー食事療法では、生殖器にかかわる病気が治癒します。
女性男性に関わらす、生殖器の病気はレクチンが原因で発病します。
何故なら、レクチンは植物などに含まれる毒素ですが、植物を食べる捕食者を攻撃するために毒をもっているからです。
いわば、蜂でいえば、毒針の中の毒又は、ふぐの毒のようなものです。

ですから、捕食者を滅ぼすために、捕食者の一番重要な器官を狙って攻撃します。
生殖器を始め、脳、心臓、神経、関節、免疫系統など、人間が弱って死にそうなところを狙ってくるんです。
卵巣嚢腫をはじめ、生理痛や子宮に関わる病気は、ドロドロになった血液が子宮や卵巣に付着しますが、この血液がドロドロになる原因がレクチンにあります。
血液がドロドロになるのは、白血球が異物を見つけるために粘度を高めるためですが、血液が流れにくくなり、うっ血して臓器に付着するのです。

他にも、レクチンは腸から侵入するので、腸に関する病気はほぼ100%レクチンが関わっているといってもいいでしょう。
骨盤内にある様々な臓器は、レクチンの攻撃を受け続けているのです。

しかし、レクチンが本当に恐ろしいのは、身体への悪影響があまりにもゆっくりなので、みんな気が付かないうちに、どんどん身体が弱っていくということです。生理痛がひどいのはレクチン不耐の体質だからです。
また、生理痛の度に飲む痛み止めも更なる体調不良を招いています。
痛み止めなどは、内分泌をかく乱します。身体に害悪なのは、レクチンだけではなく、内分泌かく乱物質もしかりです。

しかし、これらの有害物質は、食材の選び方や、調理法などによって避けることができます。
生理痛はレクチンや内分泌かく乱物質を摂取しないことで、確実に良くなります。
妊娠の可能性も高まるでしょう。

レクチンフリー食事療法には、知識と労力が必要です。
好転反応の対応などもありますので、レクチンフリー食事療法専門家にご相談ください。

私が、あなたに寄り添って、病気の苦痛を取り除き、完全治癒目指して、伴走いたします。
あたま&からだ治癒院 Jasmineのホームページをご覧ください。

 

www.healing-jasmine.com

 

f:id:healing-jasmine:20201202094000j:plain

 

若返る方法ーレクチンフリーライフで病気を克服ー

若く見せたいから・・・
身体にとってよいといわれるサプリメントを取ったり
化粧品をつけたり、
青汁を飲んだり、
その時は、なんとなく気分的に若返ったような気がするけれど、

肌はガサガサ、身体のあちこちが痛い・・・
身体が重い・・・朝起きてもスッキリしない・・・
色々試してみるけど、続かないものばかり。。。
若返るいいものはないかな・・・

TVコマーシャルでは、そんなとき、
これを飲めば、若さを取り戻せます!

などと言って商品の紹介が始まるのでしょうが、

- 若さを取り戻せる薬なんてありません!-

何かを飲んだり、食べたり、何かを身体に取り入れることによって若返ることなどできません。
何故なら、すでに身体じゅうが悪い食べ物の毒素で満たされているからです。
毒素を取り除かなければ、若返ることはできません。

悪い食べ物なんか、そんなに食べてないけどな・・・

そう思うかもしれません。
私も、身体に良い食べ物を食べようと努力してきたのに、全く健康にはなりませんでした。
しかし、健康食品と言われるものの中にも、有毒なものはたくさんあったのです。

老化というのは、レクチンや他の有害物質の蓄積によって起こります。
毒素が身体にどんどん蓄積されることによって健康が害され、体調が悪くなり、
それを、人々は「老化」と呼んでいます。
さらに毒素がどんどん蓄積されると、病気になります。
毒素の蓄積の結果として、ガンになったり、腫瘍になったり、認知症になったり、様々な病気が発症するのです。

私は、レクチンフリー食事療法を実践していますが、
肌がツルツルです。触るとモチモチしているのがわかります。子どもみたいな肌です。
化粧品は一切なしです。別にわざとつけないのではなくて、つける場所がないんです。
あまりにも全身の肌がツルツルで、肌につける化粧水やクリームは全く必要なくなってしまいました。
50代にして、人生で一番きれいな肌になりました。

最近は、コラーゲンが肌に良いですよ、とかいうコマーシャルを見ると、
「細胞に毒が溜まっているのに、何か飲んだりつけたりしても全く無駄!」と思ってしまいます。
肌は、外側に露出されている部分なので目に見えますが、
肌全体がきれいということは、体中の細胞がきれいということです。

若返りたければ、病気になりたくなければ、長生きしたければ、
レクチンフリーライフを送るべきです。
レクチンフリーとはレクチンをはじめ、内分泌かく乱物質などの有毒なものを身体に取り込まないという方法です。

レクチンは、主に穀物や豆類などに含まれますが、他にも有害物資があります。
全粒粉のパンなどは、一見健康そうに見えますが、たくさんの有害物質が含まれています。
玄米、コーンフレーク、一般的なヨーグルトなどはレクチンフリーライフでは食べてはいけません。

えっと思うかもしれませんが、これらは遅延型アレルギーの発症源になるからです。

食事、口に入れるもの全てに気を使わなくて行けないので、サプリメントをとるよりはかなり大変ですが、
頑張れば、確実に体調は良くなっていきます。若返っていきます。
肌は蘇り、身体の痛みは去り、はつらつと健康になります。

若返るというのはそんなに簡単なことではありません。
レクチンフリー食事療法は、開始して順調に毎日過ごせるようになるまでは、多少困難もあります。
そんなに簡単にすぐに良くなるわけでありません。手間と労力がかかる、だからこそ、効果があるんです。
確実に若返り、肌がツルツルになり、病気が治ります。

病気が治るんです。

色々と気を付けなければならないことがありますので、レクチンフリー専門家のセラピストにお任せください。
あなたのライフスタイルに合わせた無理のない、食事療法をオーダーメイドで提案させていただきます。
初回、相談無料です。病気のご相談にも対応しております。
あたま&からだ治癒院 Jasmineの ホームページをご覧ください。

 

www.healing-jasmine.com

 

f:id:healing-jasmine:20201127103422j:plain

 

リウマチ、痛風、自己免疫疾患はすぐ治る

レクチンフリー食事療法の効果は目を見張るものがあります。

レクチンフリーは最新の治療法なので、まだまだ一般的に受け入れられてはいませんが、試してみれば効果に驚きます。
正体不明のサプリや薬を飲むのではなく、ただ日々の食事に気を付けるだけの治療法です。
自己免疫力を弱める薬を飲む必要もないし、そのためにウィルスを恐れて生活することもありません。
特に、リウマチ、痛風などの自己免疫疾患に関しては、レクチンフリー食事療法を導入することにより、一番早く目に見えてどんどん良くなり成果がでるので、やりがいを特に感じやすいと思います。

私はリウマチ体質です。
昔は関節がギューッと縮こまっていましたが、食事療法を始めて3か月くらいで成果が出始めました。今は関節はまっすぐに伸びて、指の関節なんかスラっとして1㎝くらい指が伸びたんじゃないかと思います。
足の関節や背骨も、スラーっと伸びて、とっても柔軟です。
とっても姿勢がいいので、自分でもびっくりしてしまいます。
自己免疫疾患は、レクチンフリー食事療法でいち早く良くなった病気です。

自己免疫疾患は、自分の免疫細胞が誤って自分の細胞を攻撃させることによって発症しますが、自分の細胞を攻撃させるという、いわば誤爆は、レクチンの命令によってなされます。
レクチンとは、植物の中などに含まれる一種の毒素ですが、この毒素は捕食者(人間や動物、昆虫など)を弱らせるためにありとあらゆる手段を使い、身体の中を攻撃します。
そして、ここが恐ろしいところなのですが、それらの毒素は、量がとても少なく、食べたその時は何も起こらないように思えるので、それが毒素だと気が付かないところにあります。
しかし、それらの毒素は少しずつ蓄積し、長い年月をかけて、人間を死に追いやります。
自己免疫疾患や他の後天的な病気が、歳をとるにつれて発症することが多くなり、どんどん重症化していくのはそのためです。

しかし、これらの毒素の身体への流入をふせぐことによって、病気の進行は食い止められ、また、身体は自然治癒力をもっていますから、これらの毒素が流入してこなくなれば、少しづつ排出しようとし始めます。
これにより好転反応が起きます。好転反応がでたら、自分が毒素を排出しようと頑張っていると思って、自分の身体を誉めましょう。

レクチンフリー食事療法は、知識と労力が必要です。
もちろん、意思が強靭で、試行錯誤でやり抜くことができる人もいると思いますが、
安心して続けるためには、専門の知識をもったセラピストの助けが必要かと思います。

レクチンフリー専門に治療を行っている治癒院は、全国でも当院のみかと思いますので、是非初回無料相談でご相談ください。
治療法に納得できない方には、その場で相談は終了となります。
病気と真剣に向き合い、治したいと思われる方のみご相談させて頂きます。
あたま&からだ治癒院 Jasmineのホームページをご覧ください。

大切な人生を病気で苦しんで過ごさずに、痛みを忘れ、病気の恐怖を忘れ、明るく生活してください。

www.healing-jasmine.com

 

f:id:healing-jasmine:20201130095326j:plain

 

がんを克服したいなら、レクチンフリーライフを

レクチンフリーライフでがんを克服することができます。

恐らく、レクチンフリーでがんを治療しようとしている医療機関はまだないと思います。
レクチンフリーを紹介した本が出版されたのが、2018年のことです。
最先端の治療です。
私は、レクチンフリー食事療法を完全実施して、全ての病気を克服し、自分の経験と知識から、病気で苦しむ方にぜひレクチンフリーを紹介したいと、治癒院を開設しました。

がんになると恐らく、小麦は食べていけないと言われることが多いでしょう。
小麦は最凶のレクチン含有食品です。
がんの原因の半分はこの小麦が占めるのではないかと思います。
特に日本で出回っているアメリカで品種改良された小麦は、大量のレクチンを含んでいます。

しかし、レクチン含有物は、小麦だけではありません。
穀物の外皮、豆類、他にもレクチンを含む食品があります。
他にも摂取していけないものは、内分泌かく乱物質になりうる化学物質などがあります。
これらのものを体内に入れないようにすることが、レクチンフリー食事療法、レクチンフリーライフです。

レクチンフリー食事療法を紹介した、「プラントパラドックス」という本にははっきりと、

 がんが縮小したり、消滅したりする。

と書かれています。
私は、そのことを鵜呑みにしたわけではありません。
レクチンフリーを実際に自分で実行してみて、身体の各所にあった違和感が全て消え去ったことを実感したからです。
腸、咽頭甲状腺、舌などからです。
私は、若い頃に卵巣脳種で卵巣を切除しているのですが、これも前がん症状だったと思っています。
つまり、癌ができやすい場所に抱えていた違和感が全て消え去ったのです。

本当に驚きました。
これほどの効果がレクチンフリーにあろうとは思いませんでした。

がんの死亡者は年間30万人です。
人生の最期にがんで苦しんで亡くなっていく方がこれだけいるのです。
あなたの人生はそんな悲しい最期には値しません。

レクチンフリ―ライフは、私の様に1人で孤独に黙々と続けていくこともできます。
意思がものすごく強靭の方は、達成できると思います。

しかし、レクチンフリー食事療法をよりやりやすく、続けていくには知識と労力がいります。
自己治癒力の強い方は、レクチンフリーのデトックス効果で好転反応が強く出てきます。
レクチンフリー食事療法をより快適に続けていくためのノウハウや、好転反応の対処法などにも、私には、 経験がありますし、
何よりも、病気を治したいという方に寄り添って、完治を目指したいという情熱があります。

私は、病気を治したくない方には、特にレクチンフリーを勧めたりしません。
興味のない方に時間を割くほど、寛容ではありませんので、興味のある方のみ初回無料でご相談にのらせていただきます。
レクチンフリーに納得しなければ、その時点ですぐに相談は終了となります。

しかし、病気に向き合い、病気を克服したいと思っている方には、親身になってお力になりたいと思います。
あたま&からだ治癒院 Jasmineのホームページをご覧ください。

 

www.healing-jasmine.com

f:id:healing-jasmine:20201129214118j:plain

 

小麦は身体に害悪か?〈レクチンフリーライフ〉

グルテンフリーという言葉があります。
たまに、食品のパッケージにグルテンフリーと書いてあるのを目にしたことがあるかもしれません。
しかし、日本では全く流行ってないので、グルテンフリーとはなんぞや???
と思いうくらいで、大して気にしている人はいないかもしれません。

グルテンフリーという言葉が生まれたのは、
アメリカで出版された「小麦は食べるな」「いつものパンがあなたを殺す」などの書籍の影響です。
北米ではグルテンフリーで痩せる、健康になるなどの理由から、とても流行っています。
ヨーロッパや北米の人にグルテンフリーというと、ベジタリアンという言葉と同じくらい皆よく知っています。

私は、レクチンフリーライフを今は送っていますが、
レクチンフリーという言葉はグルテンフリーよりもずっと認知度は低いです。
「プラントパラドックス」というレクチンフリーを紹介した書籍が出版されたのが2017年です。
レクチンフリーライフ送っている人は最先端と言ってもいいでしょう。
私はグルテンカゼインフリーを経て、レクチンフリーにたどり着きました。

さて、言葉通り、はじめはグルテンが悪者扱いされていました。
何故なら、小麦を食べると、グルテンが腸に穴をあけ(リーキーガット)、身体の様々な炎症の原因、病気の原因になると考えられたからです。
確かに、小麦、特にアメリカで品種改良された小麦には、大量のレクチンが含まれていて、私が最も避けているものです。
しかし、研究を進めてみると、グルテンが黒幕ではなく、レクチンが黒幕ということが分かったのです。
パンを食べているのに、アメリカ人はデブだけど、フランス人はスリムなのを見ればわかると思います。
「プラントパラドックス」の中では、本当に悪者なのはグルテンではなく、レクチンなのだと書かれています。
グルテンを避ければ、健康になるというわけではなく、レクチンや内分泌かく乱物質を避けなければいけないと書かれています。

この本の中には、数々の病気が治った症例が紹介されていますが、私は疑り深い性格なので、すぐに鵜呑みにしたわけではありません。
元々、グルテンカゼインフリーだって、ものの試しにやってみようと思ってやり始めました。
自分の身体で人体実験をするつもりで、どんな変化が起こるのか確かめてみようと思いました。

普通の人は、自分の身体で人体実験するとか考えないと思いますが、私は普通ではないので、
とりあえず家から、全てのグルテンカゼイン含有の食品を全部処分して、始めました。
そして、自分自身で人体実験をして、驚愕の結果に驚いたわけです。
私は小麦で作られたパンや麺をもう3年食べていません。

しかし、グルテンカゼインフリー、それだけでは不十分だったのです。
身体は以前よりも健康になりましたが、それだけの結果では、納得いかなかった私は、レクチンフリーを始めました。
そして、更に驚愕の結果に驚きました。
全ての病気が治ったのです。スリムで肌はツルツル、めちゃくちゃ健康で若返りました。
誰も私が50歳過ぎていると言っても信じないでしょう。
私のひどい病歴についてはあたま&からだ治癒院のホームページを見ていただきたいですが、
私は、「プラントパラドックス」に書かれていることが、本当に正しいと確信するに至りました。

病気で苦しんでいる皆さん、健康で長寿を目指している皆さん、レクチンフリーを試してみてください。
自分の身体の病気が悪化し、身体が老化するのをなすすべもなく見ているのが好きならいいですが、
もう一度健康を取り戻したいなら、健康で長生きしたいなら、やってみるべきです。
レクチンフリーは多少複雑な面があり、ケアーが必要です。
私があなたに寄り添って、健康な身体を目指します。
あたま&からだ治癒院 Jasmineのホームページをご参考になさって下さい。

 

www.healing-jasmine.com

 

f:id:healing-jasmine:20201128160023j:plain